奨学寄附サポート申請要項

 

 

1. 趣旨

研究機能を有する国内の大学、病院および研究機関等において実施される消化器領域における疾病の診療または診断等に繋がる医学・薬学等の基礎・臨床関連する研究に対して資金を拠出し、未だ満たされない医療ニーズの解決に貢献していくことを目的として、奨学寄附による支援を行います。

 

*2022年4月1日から2023年3月31日(以下「本年度」)の間に実施中または実施予定の研究テーマが対象です。

 

2. 対象となる研究領域

消化器疾患領域

ただし、寄付講座の新規設置や維持に関する寄附等の支援は行っておりません。

また、消化器疾患領域についての研究であっても、以下の項目に該当する研究には、寄附支援は行えません。

① EAファーマ製品およびエーザイ製品を用いた研究

② 特定メーカーの医薬品、開発品、医療機器、食品の評価を目的とした研究

③ 臨床研究法の対象となる研究

 

3. 対象となる施設

次のいずれかの施設に属する教室・診療科等を対象とします。

 

① 国(国立大学法人を含む)、地方公共団体(公立大学法人を含む)および学校法人が運営する大学またはその附属病院

  * 大学附属病院の本院より申請いただく場合は、原則、本院の診療科/部門ではなく、大学院医学系研究科/医学科等の教室・診療科等での申請をお願いします。

 

② 法令上の研究機能をあわせ有する病院

  【例】国立病院機構傘下の病院の臨床研究センターまたは臨床研究部の研究室、国立研究開発法人

 

③ 医療機関を開設する法人の研究部門(研究所)のうち、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会で寄附が認められた施設

 

 

4. 申請期間

2022年5月6日(金)0時から2022年6月30日(木)23:59まで

*上記期間以外では申請することができません。

 

5. 申請代表者・申請入力者

申請代表者 :教室・診療科等を代表する最上位役職の方

申請入力者 :申請代表者もしくは申請代表者から指名された方

 

6. 申請単位および回数

申請単位は、教室・診療科等とします。

ただし、事情により教室・診療科単位で申請できない場合は、研究グループ単位で申請を受付けます。なお、研究グループは、教室・診療科等の1つ下の階層までとします。

申請期間中、申請単位あたり1回とします。

 

7. 申請方法

当申請要項をご確認後、アカウントコード・パスワードを登録し、申請入力画面に必要事項を入力の上、本サイトから申請してください。

 

8. 申請から決定までのプロセス

① 申請は、本サイトより受付けます。申請にはアカウントコード・パスワードの登録が必要です。その他の方法(郵送等)での申請は受付けておりません。

② 申請後、事務局より対象領域、研究内容、申請者等を確認させていただきます。申請内容によっては、受付けできないこともあります。

③ 寄附の可否審査は、関連法規、業界ルール、社内規程等に沿って、当社営業部門から独立した社内組織が実施いたします。

④ 決定後、本年度の10月頃を目安に支援の可否および支援金額を、本サイトの「申請一覧」 画面にてご連絡いたします。

 

※なお、審査結果に対する異議の申し立て、審査基準の開示請求、その他審査に関する情報開示請求はお受けすることができません。

 

9. 支払先・支払手順

① 支払先: 申請者が指定する銀行口座に振り込みます。

② 支払手順:施設で定められた手順に従って、支払いの手続きを行います(※当社からの寄附申込書の送付は、教室・診療科等ではなく、施設に対して行います)。

 

10. 返還

申請内容と異なる目的・活動に使用した場合、また次項に定める報告を行わなかった場合、奨学寄附金の全部または一部の返還をお願いすることがあります。

 

11. 報告

寄附対象となった研究活動に関する報告をお願いします。

2022年度EA奨寄附サポートを適正に使用いただいたことを本サイトの「申請一覧」画面上で報告いただきます。研究データや決算書等資料の提出は不要です。

報告依頼は2023年4月上旬に事務局からご連絡します。

※報告がない場合、次年度以降の申請を受け付けることができません。

 

12. 注意事項

① EA奨学寄附サポートは、施設からの申請に基づき行うものであり、当社から支援を提案することはありません。

② MR等、当社の社員は、本件申請を代行したり、問い合わせなどの取り次ぎ等を行うことはできません。

③ 当社は、「医療機関等との関係の透明性確保のためのエーザイ指針について」に基づき、施設名および教室・診療科名等、受領された奨学寄附サポートの年間(当社会計年度)の件数と総額を当社ウェブサイトに公開します。なお、施設名および教室・診療科名等の名称は申請いただいた内容を開示しますが、記載を統一するため、申請の施設表記等を事務局にて変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

④ EA奨学寄附サポートの受領者は、利益相反等に関する情報開示を求められた場合、本支援に関し適切に開示してください。

⑤ 申請者および申請者の所属する教室等において、法令違反もしくはその恐れがある、または教室等の社会的信用を大きく低下させる行為が生じた場合は、支援できない場合があります。また、支援決定後においても、当該事実が判明した場合は、支援の取消しや、奨学寄附金の全部または一部の返還をお願いすることがあります。なお、これについて、申請者等は、当社に一切の責任を問えないものとします。

 

13. お問合せ

EA奨学寄附サポートに関する質問は、本サイト上部の「お問合せ」タブをクリックした後、「お問合せフォーム」にてお問合せください。

なお、申請の際にいただいた情報は、申請内容の検討、調査および連絡・対応、寄附の可否決定の連絡、寄附後の運用等以外に使用することはございません。ただし、法令上の要請に基づいて、開示等する場合は、この限りではありません。

 

以 上