2020年度 公益活動への支援 申請要項

1. 趣旨

医学・薬学に関連する団体において実施される会合開催または年間活動等を対象とし、医学・薬学の教育およびその関連活動への支援を目的とします。

 

2. 支援可能な対象領域

以下の対象領域をテーマとした団体活動に対して支援いたします。

1. 救命救急・止血領域(心臓血管外科・脳神経外科・脳神経内科)

2. CIDP(慢性炎症性脱髄性多発神経炎)

3. SID(無又は低ガンマグロブリン血症)

4. PID(原発性免疫不全症候群)

5. 血友病

6. 遺伝性血管性浮腫

 

3. 対象団体

次の要件を満たす団体を対象とします。

(1) 医療関係者※が役員に就任している団体。

   ※医療関係者とは医療機関に所属する医師、薬剤師、看護師等を指します。

(2) 医学・薬学の発展を目的に事業を行っている団体。

   なお、会合開催の場合は、医療機関等も対象とします。

 

4. 対象活動

1)国内で開催される医学・薬学に関連する会合開催。

  【例】 ①学会・研究会等の学術集会、 ②講演会・シンポジウム等、 ③市民公開講座

2) 国内に本部を有する医学・薬学に関連する団体の年間活動

  【例】 ①学会・研究会等の年間活動、 ②医学・薬学に関連する財団法人・特定非営利活動法人等の年間活動

※ 海外で開催される会合開催または海外に本部を有する団体への年間活動への支援を希望される場合は、事務局までお問い合わせください。

 

5. 公募対象外

1) 弊社が学会セミナー等の共催費をお支払する会合開催。

2) 賛助会費

3) 弊社以外に寄附金拠出元がないもの。

4) 他社が行う会合開催

5) 個人の研究や留学等を支援する奨励・表彰事業

6) 研究活動・研究支援活動(団体の事業に臨床研究が含まれている場合)

7) 設立初年度の団体

8) 施設建設(新築・増改築)費用

 

6. 申請期間

1) 会合開催の場合、開催日の1年前から3か月前までに申請してください。

    同一年度に1回の申請とさせていただきます。

  例)会合開催日が2021年7月1日の場合

 

   

  

2) 年間活動の場合、事業年度終了日の3か月前までに申請してください。

 

※ 申請期間外の申請は受付できません。

   また、申請期間内に申請された場合でも、新規の申請等、審査期間が十分に確保できない場合は支援を見送らせていただく場合がございますことをご了承ください

 

7. 必要書類

当申請要項をご確認後、アカウントコード・パスワードを取得し、申請入力画面に必要事項を入力の上、下記必要書類を添付して、本サイトから申請してください。

 

1) 会合開催の場合

 ① 寄附趣意書・募集要項等

    (団体の名称、開催日時、開催場所、開催目的、プログラム、募金する理由、参加人数、免税措置の種類、寄附金振込先、組織、役員名簿、

       担当事務局等の情報が確認できるもの)

 ② 会則または定款

 ③ 収支予算書

 ④ 前回の収支決算書(完成していない場合は前々回の収支決算書)

 ⑤ 寄附申込書(作成している場合)

 ⑥ 公報・新聞記事・ポスター等(市民公開講座等の場合)

 

2) 年間活動の場合

 ① 寄附趣意書・募集要項等(団体等の名称、募金する理由、免税措置の種類、寄附金振込先情報が確認できるもの)

 ② 会則または定款(組織、役員名簿を含む)

 ③ 今年度事業計画書

 ④ 今年度収支予算書

 ⑤ 前年度事業報告書

 ⑥ 前年度収支決算書

 ⑦ 寄附申込書(作成している場合)

 

8. 申請から決定までのプロセス

(1) 申請は、本サイトより受付けます。その他の方法(郵送等)での申請は受付できません。

      ※申請には当サイトへのログインが必要です。画面右上の「ログイン」から「アカウント登録」へお進みいただき、アカウントを取得してください。

(2) 受付後、事務局より対象領域、活動内容等を確認させていただきます。申請内容によっては、受理できない場合もあります。

(3) 審査は関連法規、業界ルール、社内規定等に沿って、弊社営業部門から独立した社内組織で実施いたします。

(4) 決定後、支援の可否および支援金額は、当サイトよりご連絡いたします。

   ※申請の翌々月末を目途にご連絡いたします。

  ※審査結果に対する異議申し立て、審査内容開示請求、その他審査に関する情報開示請求はお受けすることができません。

 

9. 支払先

寄附金趣意書・募集要項に記載されている銀行口座に振り込みます。

 

10. 報告

会合開催後または年間活動終了後6か月以内に、弊社からの寄附金を使用した会合開催または年間活動の決算報告書および事業報告書(年間活動の場合)を本サイトに添付もしくは、寄付金事務局宛に(gd_jimukyoku.JPN@csl.com.au)お送りください。

 

11. 注意事項

1)弊社より提供される寄附金は、申請に基づき支援させていただくものであり、弊社から支援を提案することはございません。

2)弊社製品の臨床研究には使用しないでください。

3)飲食代には使用しないでください。

4)弊社の「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」に基づき、支援先名、支援金額等を公開します。

5)利益相反に関する情報開示を求められた場合、当支援に関して適切に開示してください。

6)決算報告書および事業報告書(上記10.参照)が未提出の場合、次の申請を受け付けることができません。

 

 7)支援決定通知後、以下の内容の同意書のご提出をお願いいたします。

     1. 弊社の「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」に基づき、施設名および教室等名、受領された奨学寄附金の年間(弊社会計年度)の件数と

        総額を弊社のウェブサイト等を通じて公開すること。

     2. 寄付金を申請した使途にのみ使用し、その他の目的に使用しないこと、ならびに弊社が必要と判断した場合使途に関する監査を受け入れること。

     3. 報告書(上記、10参照)を提出すること。

     4. 上記1~3の事項の一つでも遵守しない場合、支援を見送ること。

12. 返還

1)プログラムの中止または大幅な活動の変更に伴う未使用の資金が確認された場合、提供した資金の全部または一部の返還をお願いすることがあります。

2)申請内容と異なる目的・活動に使用した場合、提供した資金の全部または一部の返還をお願いすることがあります。

 

13. お問い合わせ

弊社の寄附金に関する質問は、当サイトの「お問合せ」または「メール」にて問い合わせください。

※お問合せにおきましても当サイトへのログインが必要となります。(8.(1)参照)

メール:gd_jimukyoku@cslbehring.com  (CSLベーリング 寄附事務局)

 

※申請内容に関する情報は、申請内容の検討、調査および連絡・対応に限定して利用するものとします。

   それ以外の目的で社外に開示、提供はいたしません。

   なお、医薬品の安全性情報の収集等、法令上の要請に基づいて利用する場合は、この限りではありません。